施業の流れ

伸びすぎた枝が建物や電線にかかって危ない。
敷地内の木が大きくなりすぎて家が日陰になってしまう。
豪雨や台風で裏山の木が倒れてきそうで怖い等。
そんな支障木(ししょうぼく)をありとあらゆる手段で解決します。

の対象となる場合があります。
御神木・寺社の森・名木古木など、地域のシンボルとなる木の手入れをご希望の方は、
この補助事業に何度も携わった実績のある当社にお問い合わせください。

御神木・名木古木

樹齢の大きい御神木やお寺の記念樹は、大きな枝一つでも細い一本の木ほどの太さがあり、大掛かりな剪定・伐採になるケースが多いです。当社ではクレーンが入らない場所でも特殊なロープ技術を使って慎重に剪定を行います。

墓地の木

墓石を傷つけないよう養生をしっかり施したうえ、ロープの専門技術を使って施業を行います。特に難易度の高いケースについては、性根抜きや墓石の一時避難をお願いする場合があります。

山林の手入れ

自治会様で管理されている山林があれば、特殊伐採に合わせて間伐等の手入れもご依頼いただくことも可能です。
裏山など、建屋に近い傾斜地にはえている木なども、山での施業に慣れている当社なら安心です。

元伊勢神社

BEFORE

階段を上がった先の境内、参道の両サイドにある大きなクスノキを伐採させていただきました。
クレーンを使わずロープワークのみで作業をしました。建物に近接して傾いていた檜の大木も取り除くことができました。

AFTER

本殿が良く見えるようになり、参道に大枝が落ちる心配もなくなりました。
幹を大幅にカットし、ほんの少しの枝葉のみを残しましたが、さすが強いクスノキ、1年後には若葉が生い茂り、樹勢を取り戻しました。

生野天神社

BEFORE

道路沿いにある椎の木はクレーンや高所作業車を使って剪定、境内奥にある木はロープワークのみで剪定を行いました。

AFTER

1年後、樹勢が衰えていた枝葉に若葉がたくさん出ていて、生気が戻ってきました。また、鬱蒼とした境内に光や風が通って心地よい空間になっていました。

福知山城

BEFORE

ふもとの住居へ落ちる落ち葉対策のため、市からの依頼により、境内にある大きな樹木を伐採、また、傾斜面にある木々の強剪定を行いました。

AFTER

下からは見えにくかった福知山城が市内各所からとてもよく見えるようになりました。夜間のライトアップも際立つようになりました。観光客が良く通る境内の道にせり出していた枝葉が落ちる危険もなくなりました。

特殊伐採の流れ

1.見積

まずは、お問い合わせから無料お見積りのご相談をお願いします。

2.現地を確認し、正式な見積

実際の道幅や伐採する木の大きさ、緊急度などから正式なお見積りをお出しし、同意いただければご契約となります。

3.施業

実際の施業を行います。

4.お支払い

指定させていただいた銀行口座に振り込みにてお支払いをお願いします。

 

お見積り・ご相談無料・お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから。